イベント・説明会

チェーンソーによる安全な伐木技術・技能の習得をめざして―森づくり安全サポーター研修・審査会 受講者・見学者 募集

森づくり安全サポーター 研修・審査会

森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC)は、森づくり活動を安全に行うために必要な知識や技術を段階的に審査し認定する「森づくり安全技術・技能習得制度」を推進しています。

FLCでは、昨年に引き続き、森づくり安全サポーター(ランク3)の認定を目指した研修・審査会を実施することとしました。

森林ボランティア活動をはじめとして森づくり活動に関わる幅広い分野の方のご参加をお待ちしています。

※ 本制度における「森づくりサポーター(ランク3)」は、「立木の伐倒を含む基本的な森づくりの作業を自立して安全に行うことができ、他の参加者に対して安全な作業技術を指導できる能力を有する者」としています。

開催概要

日 時|前半:2018年5月17~19日(木~土)※ 後半:24~27日(木~日)
場 所|高尾グリーンセンター(東京都八王子市南浅川町2905-4)周辺の国有林
費 用|受講者:57,800-(受講料20,000+食費の実費18,000+宿泊料19,800)
見学者:食費の実費3,000/日+宿泊料3,300/泊で個別に計算します
主 催|森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC)
協 力|Forestry Safety Research LLP(FSR)、高尾グリーン倶楽部
※5/19の解散後と20日に、前回(2017年10月)受講者向けのプログラムを実施します。自由参加(見学)です。なお、ご参加の場合は食事代と宿泊代がかかります。

研修の特色

 

実習では、伐倒練習機を活用して正確な受け口・ツルの作成を徹底的に練習するほか、チェーンソーの点検・整備・目立て、ロープワークの実習も充実。受講者が互いに見本となって学び合う、少人数の研修です。
世界で初めて開発された伐倒練習機「フェリングトレーナー」を活用し、受け口・追い口・ツルづくりの基礎練習による正確な作業を徹底的に習得します。この伐倒練習機は地面の傾斜角度、木の傾斜方向・角度を自在に設定できるため、実際の林内の環境を再現しながら受け口づくり・ツルづくりの練習を安全に繰り返し行えます。
座学では森林生態から心理学まで幅広い知識を学びます。合計8日間という長いプログラムですが、それ以上に濃密な学びを得られる研修会・審査会となっています。

募集区分と対象者

受講者
定 員|4名まで
対象者|ボランティア、自伐林業、事業体での就業など、森づくり活動の実務に携わって1年程度の経験を持ち、将来にわたりチェーンソーを使用した伐木作業の技能を習得する意思を有する方。全日程参加できる方。

見学者
人 数|10名まで
対象者|森づくり活動に関わる行政・民間の団体に所属し、指導や審査の実践に関心がある方。一部日程のみの参加も可。日帰り可。

申込方法

FLCホームページ へアクセスし、募集要項・チラシをお読み頂いた上、
申込みフォームからお申し込みください。

一次募集 4月20日(金曜日)締め切り
二次募集 5月10日(木曜日)締め切り

※4月20日にいったん募集を締め切り、申込フォームに記入いただいた内容によって事務局で選考を行い、その結果定員に達しない場合には二次募集を行います。

なお、二次募集の結果定員に達しなかったとしても、追加募集は行いません

開催期日
2018年5月17日から2018年5月27日まで  ※前半5/17~19、後半5/24~27
開催場所
東京都  高尾グリーンセンターおよび周辺の国有林
交通
圏央道 高尾山ICから車で5分
京王線 高尾山口駅から徒歩40分
参加資格
受講者…ボランティア、自伐林業、事業体での就業など、森づくり活動の実務に携わって1年程度の経験を持ち、将来にわたりチェーンソーを使用した伐木作業の技能を習得する意思を有する方。全日程参加できる方。 見学者…森づくり活動に関わる行政・民間の団体に所属し、指導や審査の実践に関心がある方。
参加費用
受講者¥57,800 見学者は参加日数により個別にお知らせします
募集人員
受講者4名 見学者10名
応募方法
FLCホームページ へアクセスし、募集要項・チラシをお読み頂いた上、申込みフォームからお申し込みください。
一次募集 4月20日(金曜日)締め切り
二次募集 5月10日(木曜日)締め切り

※4月20日にいったん募集を締め切り、申込フォームに記入いただいた内容によって事務局で選考を行い、その結果定員に達しない場合には二次募集を行います。
なお、二次募集の結果定員に達しなかったとしても、追加募集は行いません
応募締切日
2018年4月20日 ※4月20日にいったん募集を締め切り、申込フォームに記入いただいた内容によって事務局で選考を行い、その結果定員に達しない場合には二次募集を行います。

お問い合わせ

主催 森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC)
担当者 事務局
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4砂防会館別館 国土緑化推進機構内
電話番号 03-3262-8437
URL www.mori-anzen.com
E-mail 2011flc@gmail.com
備考 参加者は、下記の保護具・機材を各自でご用意ください。難しい場合は、貸し出せる場合もありますのでご相談ください。

受講者|チェーンソーブーツ、チェーンソーズボン、イヤマフ・フェイススクリーン付きのヘルメット、
   |チェーンソー、点検・整備道具(ボックスレンチ、+ドライバー、歯ブラシ)、
   |目立て道具(丸やすり、平やすり、デプスゲージジョインター、デジタルノギス、固定用のバイス)。

見学者|イヤマフ・フェイススクリーン付きのヘルメット、登山靴など山林内を歩ける履物。

合宿形式(男女別・相部屋)です。

宿泊場所となる高尾グリーンセンターではインターネット(無線LAN)は使えますが、携帯電話は通じません。なお、コイン式公衆電話があります。

持ち物の詳細は参加者に個別にご連絡します。

受講者・見学者は「グリーンボランティア保険」に加入します(保険料は主催者が負担します)。

申込の際提出いただく個人情報は、この研修会・審査会の開催に必要な業務以外には使用しません。