イベント・説明会

『SDGs時代の森林×企業シンポジウム』開催のご案内

SDGs時代の森林×企業シンポジウム

近年、地球規模での持続可能な社会づくりに向けて、企業等において「持続可能な開発目標(SDGs)」への関心が高まりを見せています。

また、我が国においても政府一体となった「SDGs推進本部」が策定した実施方針を受けて、各省庁・自治体や民間の取り組みも裾野が拡がりつつあります。

こうした中で、2015年に142カ国の政府等が参加した「第14回世界林業会議」では、SDGs達成のためには「森林・林業の主流化」が不可欠との声明が採択され、また2017年1月に国連森林フォーラム(UNFF)が採択した「国連森林戦略計画2017-2030」では、森林の活動がSDGsの17目標のうち14目標の達成に寄与することを示されました。

そこで、2030年を見据えて、SDGsの視点から多面的な価値を有する森づくり・木づかいの価値・意義を再検証するとともに、世界第2位の森林国であり、木の文化を培ってきた我が国ならではの企業によるCSR・CSVとしての森づくり・木づかいの価値・意義を議論するために、本シンポジウムを開催します。

開催期日
2017年10月11日
開催場所
東京都  経団連会館『経団連ホール』2階 (東京都千代田区大手町1-3-2)
交通
東京メトロ「大手町」駅下車 C2b出口直結
お車でお越しの場合はこちらをご覧ください。
http://www.keidanren-kaikan.jp/map2.html
参加費用
無料
募集人員
200名
詳細
○内容・スケジュール
『SDGs時代の森林×企業シンポジウム
~持続可能な社会づくりに向けた、新時代の企業の森づくり・木づかい~』
【主催者あいさつ】 
出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)
三村 明夫(林業復活・地域創生を推進する国民会議 会長)
【来賓あいさつ】 
沖 修司 (林野庁長官)
【基調報告①】 
「持続可能な開発目標(SDGs)と持続可能な森林管理・利用」(仮称)
~SDGs 目標達成に貢献する森づくり・木づかい~
塚田 直子(林野庁 海外林業協力室長)
【基調報告②】 
「持続可能な森林管理・利用に動き出した、世界の企業・投資家の新潮流」
足立 直樹((株)レスポンスアビリティ 代表取締役、(一社)企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)
理事・事務局長)
【基調報告③】 
「SDGs時代における、日本ならではの“和のサスティナビリティ”」
~伊勢神宮・式年遷宮や鎮守の森等の多面的価値から学ぶもの~
河口 真理子((株)大和総研 調査本部主席研究員、グローバル・コンパクト・ネットワークジャパン
理事)
【事例報告①】 
「ESG投資の潮流下における企業にとっての持続可能な森林管理・利用」(仮称)
~年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESG投資の組み入れ銘柄指定を受けて~
飯塚 優子(住友林業(株) CSR推進室長)
【事例報告②】 
「世界に評価される、多様な地域資源を活かす「木の建築」」
~地域の森林・職人等を活かした建築物の多角的な価値・意義~
堀木 俊(隈研吾建築都市設計事務所)
【事例報告③】
沿線・駅前の「逆開発!?「省く」でSATOYAMAおこし」
~地域コミュニティと連携した里山保全・森づくりの現代的な価値・意義~
石川 晋平((株)小湊鉄道 取締役社長)
【パネルディスカッション】 
「SDGs時代の企業の森づくり・木づかいの価値・意義」
パネリスト
 ・足立 直樹 ・河口 真理子
 ・飯塚 優子 ・堀木 俊
 ・石川 晋平 ・林野庁
コメンテーター
出井 伸之(美しい森林づくり全国推進会議 代表)
コーディネーター
宮林 茂幸(東京農業大学 教授、美しい森林づくり全国推進会議 事務局長)
応募方法
参加ご希望の方は、下記URL「申し込みフォーム」または「FAX申込書」からお申し込みください。〈推奨〉
>>http://mori-zukuri.jp/sdgsforest-sympo2017

また、メールでのお申込みは、
【お名前】
【フリガナ】
【企業・団体名】
【ご住所】
【電話番号】
をご記入の上、entry@green.or.jp まで、ご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ

主催 美しい森林づくり全国推進会議、林業復活・地域創生を推進する国民会議
URL http://mori-zukuri.jp/
備考 ○お問い合わせ先
美しい森林づくり全国推進会議 事務局(担当:冨永、木俣、多田、森)
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館5階
TEL:03-3262-8437  FAX:03-3264-3974
E-mail:entry@green.or.jp