(一社)沖縄県森林協会 沖縄県

常夏の島、太陽の輝く島、青い空の島、青い海に囲まれた島嶼。沖縄県で森林・林業体験学習してみませんか。
 沖縄県の森林は、沖縄本島北部と西表島、石垣島に偏在し、イタジイやウラジロガシ等常緑広葉樹が優占する一方、ヒカゲヘゴ等の木生シダ類、ガジュマル等イヌビワ類が見られるなど、学術的にも貴重で特異的な林相を呈しています。
 一方、県産広葉樹材は、個性豊かな独特の木目を活かした芸術材として工芸材、家具材として多用され、また、昭和40年代から造林されたリュウキュウマツが伐期に達しており、壁板やフローリング等、付加価値の高い製品の開発とあいまって住宅、体育館の内装材としての利用拡大が期待されています。
自然・気候
 沖縄県は、広大な海域に散在する大小70余の島嶼から成り、日較差、年較差が少ない我が国唯一の亜熱帯海洋性気候下にあって、夏期には台風が襲来し、冬期には季節風が卓越するため、潮風害の発生しやすい環境にあります。

最高温度 31.8℃(那覇、以下同じ)
最低温度 14.6℃
平均気温 23.1℃
年降水量 2,040mm
主な樹種
イタジイ、リュウキュウマツ、ウラジロガシ
造林面積
10,299ha(平成21年4月現在)
木材生産量
54百m3(平成20年度)
就業人口
294人(平成20年度)
取り組み
支援業務を参照下さい。

主な支援業務

相談指導事業
地域林業雇用改善促進事業
(1)専任の林業雇用改善アドバイザーを置き、求職者に対する相談指導や雇用情報の   集・提供をハローワーク等と連携して行っています。
(2)雇用改善コンサルタントを委嘱し、林業事業体に対する雇用改善のための相談指導
 行っています。
基幹林業就業者養成事業
  林業機械を安全かつ効率的に使用するため、初めて機械を運転操作する者を対象に、基礎的な操作や安全教育、作業システムを習得させます。

緑の雇用現場技能者育成対策事業(監督検査業務)
 緑の雇用事業の助成を受ける事業対に対し、フォレストワーカー研修の実施研修に係る監督・検査業務を実施します。

連絡先

住所 〒901-1105
沖縄県島尻群南風原町字新川135番地  
電話番号 098-888-0677
URL 現在はなし
E-mail
担当者 具志堅・安次嶺・冨永
交通アクセス