(公財)奈良県林業基金 奈良県

29_Picture
伝統技術に育まれた豊かな森林を未来に引継ぐ
奈良県林業労働力確保支援センターでは、林業の後継者を育てるため、就業希望者の相談や講習、新規就業者が継続して、働くために林業事業体への助成等行っています。
 奈良県の森林面積は、県土面積(369千ha)の77%を占め、そのうち人工林が62%となっています。
 県中央部を東西に流れる吉野川(紀の川上流)の上流は、「吉野林業地」と呼ばれ、集約的施業によるわが国有数の優良材生産地となっています。

※写真は吉野郡川上村の「歴史の証人」 (川上村有林の約300~400年生の杉・桧人工林)
自然・気候
南部は、近畿の屋根といわれる大峰や台高山系の急峻で緑豊かな地域となっており、北部は、法隆寺地域や古都奈良には、木の文化に代表される文化財が数多くあります。

 林業は、中南部の吉野林業地を中心に優良材の生産地として発展してきましたが、近年の木材価格の低迷等で、厳しい状況にあります。森林は植栽本数が多いことからスギ、ヒノキの間伐を多数回必要とする森林が多くあります。

(奈良市)
年平均気温    14.9℃

最高気温(8月)  32.6℃ (月平均)

最低気温(1月)  -0.2℃ (月平均)

年間降水量    1,316mm
 
主な樹種
スギ・ヒノキ(人工林の97%)
造林面積
284千ha  人工林率 62%
木材生産量
143千m3
就業人口
1018人  (H22国勢調査より)
取り組み
支援業務を参照ください。

主な支援業務

●担い手育成強化対策事業
 林業の中心的な担い手となる労働者を養成するための研修を県森林組合連合会へ委託して実施しています。

●基幹的林業労働後継者育成事業
 新規の労働者等の福利厚生に要する経費や技能・知識を習得する講習の経費を林業事業体に助成しています。

●地域林業雇用改善促進事業
 林業就業希望者への就業相談や林業事業体の雇用管理の改善を図るため相談指導などを行っています。 

●緑の雇用現場技能者育成対策事業 
 現場技能者を段階的かつ体系的に育成する林業事業体の監督・検査を実施しています。

センターからのお知らせ一覧

連絡先

住所 〒630-8301
奈良市高畑町1116-6 なら土連会館2F
電話番号 TEL 0742-27-4860   FAX 0742-23-1891
URL http://www4.kcn.ne.jp/~rinkikin/
E-mail
担当者 若林  龍田
交通アクセス 近鉄奈良駅から徒歩10分。猿沢池東側道路を約100南下して東へ100m入る。